住宅塗り替え塗装業者をお探しなら!狭山市・所沢市・川越市周辺の外壁・屋根塗装は一級塗装技能士・職業訓練指導員のいるサンフラワーにお任せください。

 

 
 
 
 

知って頂きたい塗装の基礎知識

同じ材料を同じ回数塗ったのに、塗装の耐久年数が大幅に違う話は聞いた事はありませんか。
建物の立地条件などでも、多少の誤差はあるのですが、要因は塗膜にあります。
実は、もっと知って頂きたい事があるのですが、
今回は基礎知識と言うことで、お話させていただきます。

一般的な外壁塗装は、3度塗りと言われています。
まず最初に塗るのが、下塗り。
大きく分類すると、2種類あると思ってください。
ひとつは、付着力を高める接着剤的な下塗りで、主にシーラーと言います。
もう一つは、傷などを埋めて外壁の表面を滑らかにする下塗りで、主に下地調整材と言います。
こちらの材料は微弾性の物が多いので、建物にひび割れなどの現象が出づらくなります。
さて、ここで問題になってきますのが先ほど申し上げた塗膜になります。
どちらの下塗りも十分な塗膜がなくては下塗りの役割を果たせないと思いませんか?
では、具体的に規定塗膜でないとどうなるでしょう。
シーラーの効果が下がるので、十分な付着力は得られません。
そうなりますと、色付けした際に剥がれやすくなると言うことになります。
下地調整材の方は微弾性のものが多いので、外壁の伸縮に弱くなり、容易にひび割れてしまうでしょう。
希釈すればするほど、材料の効果は下がりますし、極端に言えば色付きの水を塗っているようなものです。
どんなに良質な上塗り材を使用しても、下地がこの状態では意味がありません。
良質の材料をお選びになったからと安心しないでください。
下塗りって大変重要なんです。
そうなりますと、下塗りの付着力を高める方法もあるとは思いませんか?
勿論、ございます。
それが高圧洗浄だったり、ケレン(研磨などで掃除する施工)なのです。
埃っぽい箇所にセロハンテープを張っても、簡単に剥がれるのと同じことが塗装にも言えます。
その為、私は特に下塗りを含めた下地処理に力をいれております。
余談ですが、下塗り材の為の下塗りなんてものもあります。
どうでしょうか、下塗りの重要性をご理解いただけましたでしょうか。

さて、下塗りが仕上がった状態になりましたら、中塗り施工になります。
同じ色を、中・上と2回塗るのが主流のようです。
ここで問題になってくるのが、やはり塗膜になります。
まずはイメージしてください。
Tシャツなどの薄い衣服を引っ張りますと、向こう側が透けてみえませんか?
これが塗装でしたら、必要以上に希釈して、塗れる面積を多くするという事になります。
これでは色がついているだけの薄い塗膜になりますので、耐久年数が落ちて当然です。
紫外線や酸性雨などが上塗り材の塗膜に染み込んで外壁に浸透してしまいます。
結果的に数年で色褪せ、チョーキング(粉のようなものが出る現象)が出てくるようになります。
このチョーキング、バクテリアの好物なので、この現象が現れますと外壁の劣化は早くなります。
下塗り材の性質上、紫外線に弱いので、紫外線に強い上塗り材の効果が弱いと、外壁の腐食にも繋がります。
下塗り材で建物の強度を増し、上塗り材で下塗り材を保護し、耐久年数を得る。
塗装をする上で、塗膜がいかに重要か、ご理解して頂けましたでしょうか。
塗布回数に惑わされないでください。

「でも、規定塗膜なんてわからない・・・」

その様な方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください。
お見積もりの時に使用する材料のカタログに記載してあります。
そこに記載してある数字とお見積書の平米数で必要缶数が計算できます。
ただし、お気を付けください。
凸凹の壁になるほど必要缶数は多くなります。
平な床と階段とでは同じ距離でも引き延ばせば階段の方が長くなるのと同じです。
見た目よりも面積が多くなります。
それに下地の状態が悪いと下塗りを2度塗布する必要もありますので、あくまでも目安にしてください。
どうでしょうか、何となく塗装の事をご理解していただけましたか。
本当は、こんなに単純な話ではないのですが、今回はざっくりとお話させていただきました。
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。










 

ページ先頭へ

 
 
簡単ホームページ作成