住宅塗り替え塗装業者をお探しなら!狭山市・所沢市・川越市周辺の外壁・屋根塗装は一級塗装技能士・職業訓練指導員のいるサンフラワーにお任せください。

 

 
 
 
 

私自身が良く耳にするのですが、「何回塗ったか」「材料は何を使ったか」と言った事柄です。
確かに重要な事なのですが、これだけでははっきり申し上げて不十分です。
現調等に行かせて頂いた時に、「この材料は15年長持ちすると言われたのに、半分の年数でこの状態です。」と言われる事が多いです。
では、どうしてその様な事になってしまったのでしょうか。
答えは簡単です。
職人が基本的な事を守れていないからです。
塗装をする時に最初にする作業は高圧洗浄だったりケレン(掃除、研磨)なのですが、この作業を怠ると塗装の耐久年数を大きく左右します。
色を付けてしまえば掃除の状態は分からなくなるので、この作業を大幅に手を抜く業者や職人がいます。
高圧洗浄は水をかける作業ではありません。
塗装が出来る状態にする作業です。
高圧洗浄をしたにも関わらず屋根は砂っぽくてザラザラ、外壁は何だか埃っぽい。
付帯に関しても同様で簡単に済ませただけのケレン。
原因はこれだけではありません。
必要缶数を減らしてみたりなどしては、どんなに良質の材料を使用しても長持ちする訳がありません。
しかし、これらの事を守っても塗装工事に必要な半分の事柄です。
上塗り材の効果を最大限に引き出すには、中塗り材をしっかりと塗布する必要があります。
同様に下塗り材も。
どの材料にも規定塗膜がありますが、下地の状態によっては大きく左右されます。
下地の状態が悪かったりしますと、下塗り材が吸い込まれてしまい下塗り材の効果がなくなってしまいます。
この状態で中塗り材を塗布しても、中塗り材の効果は激減しますので、結果的に上塗り材の効果も下がってしまいます。
下塗り材の効果を十分に得てから、次の作業をしなくてはなりません。
ただ単に色づけする様な塗り方では意味がありません。
それに規定塗膜を守るだけでは不十分です。
気泡が入らない様に常にレベリングを意識しながら塗布します。
その為、材料や塗装箇所に適した道具を選別する必要があります。
乾燥時間も重要です。
一工程前の材料が充分に乾いてないのに、次の作業をしてしまっては下塗り材と中塗り材を混ぜて塗っている様なものです。
基本的な事を守れば「真の保護」は得られます。
ですが、塗装には保護と美観があると考えていますので、美観も大切にしたいところです。
ひび割れは埋まったけど、補修後が目立っているのでは残念です。
出来る限り違和感のないように肌合わせをしたりするのも重要です。
吹き付け作業が必要になるなら、既存の肌に合わせる為に道具の口径や材料の希釈率、空気圧の調整も必要になります。
足場に上がってみたら、釘が抜けている、穴が開いている、雨漏りを起こしそうな箇所に釘が打ってある等の問題があったりもします。
その様な補修も重要になります。
「この材料は10年もちますよ。」と言うのであれば、更に2年、3年と長持ちするように、出来る事は全てする必要があると思います。
基本的な事は徹底的に守り、見落としがないかと常に心がけています。
自ら足場に上がると言う意味を忘れてはいけないと思います。
そうでなくては私に工事依頼をして頂く意味がなくなります。
仕事がら、皆様から塗装に関する沢山の質問が寄せられます。
私の仕事は「お預かりした大切な資産をご満足して頂いてお返しする」だけではないと、常々実感致します。
沢山の情報が氾濫する中、それらを整理し、プロとして噛み砕いて説明させて頂くことも求められているのではないかと考えさせられます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ先頭へ

 
 
簡単ホームページ作成