住宅塗り替え塗装業者をお探しなら!狭山市・所沢市・川越市周辺の外壁・屋根塗装は一級塗装技能士・職業訓練指導員のいるサンフラワーにお任せください。

 

 
 
 
 

基本的な考え

 塗装工事をさせて頂くうえで、規定回数、規定塗膜は当然のことなのですが、塗布する前にいくつか施工しておきたいことがあります。
まずは、いくつか写真をご用意いたしましたので、是非ともご覧になってください。 


クリックで画像表示

トタン部分の釘が抜けている、または抜けかかっている。
塗膜では釘抜けの防止にはなりません。
経年した時に釘が抜けてしまい、雨水などが浸透します。
釘が完全に抜けてしまいますと、強風などでトタンがめくれたりもします。


クリックで画像表示

規定回数、規定塗膜などを守っても、釘穴から雨水などが浸透しては塗装工事をした意味がなくなります。
釘を打ち込み直すだけでは不安です。
釘が抜けないようにし、尚且つ釘穴の隙間から雨水などが浸透しないように、シーリング材を充填します。


クリックで画像表示

 釘穴だけではなく、トタンの重なり部分も重要です。


クリックで画像表示

タスペーサー(水はけを良くするための縁切り材)。
既存の屋根の種類、状態によっては、必要になります。
工事後、屋根の塗装には問題がなくても、最悪の場合コロニアルの内部が腐食してしまいます。 


クリックで画像表示

上塗り中の施工写真になります。
中塗り色との色をかえているのは、規定回数を塗布しているのが視認しやすくするためです。
「でも、上塗りが剥げたら中塗りの色が見えてしまうのでは・・・」と、ご心配の方もいらっしゃると思います。
その様なことは御座いませんのでご安心ください。
色を変えることにより、上塗り色の塗り残しや、部分的に薄く仕上げるなどの防止になります。
結果的に「しっかりした3回塗り」になります。
その様な目的で、可能なかぎり中塗り色はかえています 。


クリックで画像表示

 コンセントや換気扇なども「コ」の字にシーリングを充填します。
水はけを良くするために、全周は充填しません。


クリックで画像表示

 良く見かけるのがトタン部分の上部に釘が打ちこんである状態です。
これでは雨水などが浸透してしまいます。
このような箇所もシーリングを充填します。


クリックで画像表示

壁との接触部分の施工が不可能になりますので、エアコンカバーを一時的に撤去します。 


クリックで画像表示

ボンドブレーカー(不必要な部分に接着剤が塗布されないようにする材料)
サイディングの目地などの場合、2面接着(サイディング両端部分)をお勧めします。 


クリックで画像表示

撤去したシーリングの廃材です。
既存のシーリングの撤去は正しく施工出来たのか、お客様にご確認をして頂いたりもします。 


クリックで画像表示

霧除け(庇)の写真です。
こちらは研磨紙でケレン(掃除)した写真です。
研磨とは塗装の密着性を高めるために非常に重要な施工内容なのですが、これでは表面の汚れなどが十分に落ちている感じがしません。


クリックで画像表示

同じく霧除けの写真です。
上部の写真と違うのは、こちらは電動工具で研磨しました。
研磨紙だけでのケレンとでは、明らかに違うと思います。
電動工具では下地を傷つけてしまったり、工具が入らなくて使用が出来ないことがありますが、可能な限り使用しています。 

一部の施工写真ではありますが、ご覧になって頂きありがとうございます。
下記では、常に考えている基本的なことをお伝えしたいと思います。 

● 全ての施工には重要な意味がある。ただ色付けするのは、塗装ではない。

材料の高い安いはございますが、正しい施工をしなくては、その効果は激減してしまいます。
その結果、低予算の材料の方が長持ちをしたという例は珍しい話ではありません。
 

● わかりやすい見積もり・仕様書を提示させて頂いております。

 塗装工事の施工内容、使用材料を明記した物をお渡し致します。
工事完工後には施工工程写真もお渡し致します。

● 下地との相性の確認

 下塗り材から上塗り材までの相性確認は容易ですが、現在の旧塗膜や、下地の材質や状態に適した下塗り材を選びます。場合によっては施工内容が増える事もございます。

● 下地処理の徹底化

 ホコリや油膜の除去、ケレン(浮いている旧塗膜の剥離)などはもちろんの事ですが、壁の中に空洞はないか、ビスの利き具合は大丈夫か、このまま塗装を施して問題はないかなどの確認・補修をします。

● 下塗りの重要性

下塗り材から「仕上げていく」の考えで施工しなくては十分な保護・美観は得られません。
その為、必要であれば下塗り材を数回塗布したり、下塗り材の為の下塗り材を塗布するなど下塗り材に力をいれております。
下塗りが「仕上がった」状態で上塗り材を塗布しますと重厚な質感と共に本来の美観・保護が得られます。

● 塗布に関して(材料を塗るにあたって)

 メーカー規定塗膜は勿論の事ですが、気温、湿度、希釈率、塗り方や塗るタイミングなど様々な事に配慮しながら、最適な状況で施工を行わせていただきます。

● 現場は生き物

 一日として同じ状況はないと考えております。
今まで培ってきた経験や知識を使い最善な状態で対応させていただきます。

● 何よりも信頼関係

  「真」の信頼関係は工事完工後だと考えております。
工事完工後も、ご質問・疑問などがございましたらお気軽にご連絡下さい。

サンフラワーとは

 一言に申し上げますと、職人直営の塗装専門店です。
いつの時代にも、お客様にご満足して頂ける仕事をしていきたいものです。
 「サンフラワーさんに依頼して良かった。」と言われると、安心すると同時に大変嬉しく思います。
これからも、その様に言っていただけるように更なる精進をしたいと思います。

 

 

ホームペインティング
サンフラワー

代表  宮崎 純

ページ先頭へ

 
 
簡単ホームページ作成