住宅塗り替え塗装業者をお探しなら!狭山市・所沢市・川越市周辺の外壁・屋根塗装は一級塗装技能士・職業訓練指導員のいるサンフラワーにお任せください。

 

 
 
 
 

施工の流れ

 塗り替え工事に入る前に、下地の確認などの検査や補修を行ないますが、
施工の流れをご紹介いたしたいと思います。

施工(工事)手順

外壁の高圧洗浄
クリックで画像表示
外壁の高圧洗浄

 下地を必要以上に傷めないようにホコリ、カビ、苔など最適に塗料が付着できる様に念入りに洗浄します。換気扇周りなど油膜が付着している箇所は専用の洗剤で除去したりもします。高圧洗浄が不適切な箇所は手作業で丁寧に施工します。

屋根の高圧洗浄
クリックで画像表示
屋根の高圧洗浄

外壁の高圧洗浄同様に念入りに洗浄いたします。
塗装の基本なのですが下地をどこまで綺麗にするかで、耐久年数を大きく左右させます。

既存のコーキングの撤去
クリックで画像表示
既存のコーキングの撤去

コーキングとしての役目を果たしていないので撤去します。
写真は完全打ち替えのために全撤去しています。
劣化が思いの外進んでいない場合は、既存のコーキングの上に上乗せする「打ち増し」などの施工を行うのも選択肢の一つです。

細かい補修
クリックで画像表示
細かい補修

美観を損なう様な傷や隙間は、その規模に応じて適した材料で補修します。

コーキング材の打ち込み
クリックで画像表示
コーキング材の打ち込み

コーキング材にも、材質や箇所に適した使い分けが必要です。

 

外壁の下塗り施工
クリックで画像表示
外壁の下塗り施工

一口に「下塗り」と言いましても多種多様です。今回は「溶剤シーラー」が最適でしたので、こちらを使用する事にします。簡単にご説明しますと「接着剤」の効果が得られる材料ですので、吸い込みの激しい時には2回、3回と塗り重ねる事が必要になります。

屋根の下塗り施工
クリックで画像表示
屋根の下塗り施工

こちらも外壁の下塗り同様に「濡れ感」が得られるまで塗りこむ必要があります。下地処理はもちろんの事、この作業を怠ると上塗り材の効果が激減します。

外壁の中塗り施工
クリックで画像表示
外壁の中塗り施工

一部を除く全ての材料には「規定塗膜」がございます。十分な塗膜を塗布しなくては材料の効果を得る事はできません。塗り方も重要になります。気温や湿度はもちろんですが、気泡(空気)が入ったりしない様に塗るなどの基本を守る事が必要です。

外壁の上塗り施工
クリックで画像表示
外壁の上塗り施工

美観を損なう要素を排除してから上塗り施工に入ります。一つ一つの施工を「仕上げる」気持ちでやらせて頂いております。「下地処理を仕上げる」「下塗りを仕上げる」など。そうしなければ上塗りの効果を十分に発揮できないと考えているからです。

屋根の上塗り施工
クリックで画像表示
屋根の上塗り施工

こちらは上塗り施工の写真になります。コロニアルなどの屋根塗装は外壁と違い「縁切り」と言われる施工が必要になります。一段一段に重なっているコロニアルを塗料でくっ付かない様にする作業です。必要に応じて「タスペーサー(隙間を確保する道具)」を使用したりもします。この作業を怠ると雨漏りの原因になったりもするからです。

その他の施工
クリックで画像表示
その他の施工

足場がある時にしかできそうにない樋の掃除や窓の外の掃除なども必要に応じてやらせていただきます。足場を撤去した時の総合的な綺麗さを実感していただきたいのです。

完工写真
クリックで画像表示
完工写真

雨戸や樋、天井など塗れる箇所は塗らせていただきましたが、全てをご覧いただくには、この場では難しいので完工写真とさせていただきます。

最後に
クリックで画像表示
最後に

日中、お留守な方や足場の上の作業や屋根の施工状態を確認できないお客様が多くいらっしゃいます。口頭でのご説明もさせて頂いておりますが、同時に目で確認のできるものもご用意させていただいております。施工内容によっては百枚を超える事もしばしばですが塗り替え工事と同じくらいに大切な事だと考えております。

 簡単な説明となりましたが、ご覧いただきありがとうございました。

この様な塗装も施工しております。

ページ先頭へ

 
 
簡単ホームページ作成